こどもが生コンクリートと社会のかかわりをまなぶウェブサイト『ナマコンパーク』

生コンメイン館

生コンと社会のかかわりについてせつめいするよ!
  • 建物をたてるのにコンクリートが必要なのは分かるけれど…
    生コンっていったい何のことなんだろう?

  • なまリンちゃんがトップページで言ってたでしょ!
    生コンっていうのは固まる前のコンクリートでいいのよね、
    なまリンちゃん?

  • その通り!マナちゃんはよくボクの話を聞いているようだリン!

  • ちぇっ、ぼくだって…

生コンとは、工場でつくられた固める前のコンクリート

生コンは、工場でぜが終わり、まだ固まってない状態ですぐに工事現場こうじげんばへと配達はいたつされるやわらかなコンクリートのことです。英語えいごでは、レディーミクストコンクリートといいます。コンクリートはすぐに固まりはじめてしまいます。そこで、生コンがまだなかった時代は工事現場で材料を配合はいごうし、練り合わせてコンクリートをつくっていました(現場練げんばねり)。そのため、品質ひんしつがバラバラなうえ、手間てまもたいへん。

その点、生コンは工場でつくられるので材料を正確せいかくに練り混ぜでき、品質ひんしつは全て一定に保てます。さらに、現場で練り合わせる必要もないので工事が楽なうえ、費用ひようも安くてすみます。

昔は現場練(げんばね)り 今は生コン

生コンは、
工場からとどくんだね!

生コンは、いつ誕生たんじょうしたの?

日本最初の生コンクリート工場 【東京・業平橋工場】
日本最初の生コンクリート工場 【東京・業平橋工場】

生コンが誕生たんじょうしたのは、ドイツで1903年(明治36年)のこと。日本ではじめての生コンは、それよりもずっと遅く1949年(昭和24年)まで待たなければなりませんでした。その年の11月15日に東京都墨田区すみだくの東京コンクリート工業・業平橋なりひらばし工場が操業そうぎょうを開始。日本最初の生コンは、この工場から出荷されました。この日を記念し、毎年11月15日は「生コン記念日」とされています。
なお、この工場は再開発さいかいはつのため2007年(平成19年)に閉鎖へいさされました。今、この場所には、2012年(平成24年)に開業かいぎょうした東京スカイツリーが建っています。敷地しきちのなかには「生コン発祥はっしょう」の記念碑きねんひが建てられているので、行く機会きかいがあったらさがしてみて下さいね。

そもそもコンクリートって何からできている?

コンクリートは、セメントと骨材こつざいすな砂利じゃりのこと)に水をくわえ、練り合わせて固めたもの。いわば、人の手によってつくられた岩といえます。
さらに、コンクリートの品質を高めたり、とくしゅな性能せいのうをもたせたりするために、混和剤こんわざいというものを加えることも多くあります。コンクリートには、使うセメントや骨材の種類、水の量など配合の割合、工事の方法などにより、たくさんの種類があります。それぞれの使いみちに合わせて、強度きょうどややわらかさの違ういろいろなコンクリートが使い分けられています。

  • セメント

    セメント

    セメントは、骨材である砂や砂利をくっつけるのりのような役割やくわりを果たします。
    ちなみに、約5000年前のエジプトのピラミッドでも、セメントが石と石をくっつけるのりとして使われたそうです。

  • 骨材

    骨材(こつざい)

    粗骨材そこつざい(砂利)と細骨材さいこつざい(砂)に分けられます。コンクリートの約70%を占めるため、その品質に大きな影響えいきょうをおよぼします。

  • 混和剤

    混和剤(こんわざい)

    少量加えることで、コンクリートの品質を高めたり、とくしゅな性能をもたせたりできます。