生コンメイン館 生コンと社会のかかわりをせつめいするよ !

全国コンクリート構造物見学ガイド

生コンっていったい何?

生コンっていったい何?

生コンとは、工場でつくられた固める前のコンクリート

生コンは、工場で練り()ぜが終わり、まだ固まってない状態ですぐに工事現場(こうじげんば)へと配達されるやわらかなコンクリートのことです。英語では、レディーミクストコンクリートといいます。コンクリートはすぐに固まりはじめてしまいます。そこで、生コンがまだなかった時代は工事現場で材料を配合し、練り合わせてコンクリートをつくっていました(現場練り)。そのため、品質がバラバラなうえ、手間もたいへん。
その点、生コンは工場でつくられるので材料を正確(せいかく)に練混ぜでき、品質(ひんしつ) は全て一定に保てます。さらに、現場で練り合わせる必要もないので工事が楽なうえ、費用も割安ですみます。

昔は現場練り今は生コン生コンは、工場から届くんだね!

生コンは、いつ誕生したの?

生コンが誕生(たんじょう)したのは、ドイツにて1903年(明治36年)のこと。日本ではじめての生コンは、それよりもずっと遅く1949年(昭和24年)まで待たなければなりませんでした。その年の11月15日に東京都墨田区(すみだく)の東京コンクリート工業・業平橋(なりひらばし)工場が操業(そうぎょう)を開始。日本最初の生コンは、この工場から出荷されました。この日を記念し、毎年11月15日は「生コン記念日」にされています。


日本最初の生コンクリート工場 【東京・業平橋工場】

そもそもコンクリートって何からできている?

コンクリートは、セメントと骨材(こつざい)(すな)砂利(じゃり)のこと)に水を加え、練り合わせて固めたもの。いわば、人の手によってつくられた岩といえます。
さらに、コンクリートの品質を高めたり、とくしゅな性能(せいのう)をもたせたりするために、混和剤(こんわざい)というものを用いることも多くあります。コンクリートには、使うセメントや骨材の種類、水の量など配合の割合、工事の方法などにより、たくさんの種類があります。それぞれの使いみちに合わせて、強度ややわらかさの違ういろいろなコンクリートが使い分けられています。

使いみちに合わせて、強度ややわらかさの違うコンクリートを使い分けているんじゃな
イメージ:セメント
セメント

セメントは、骨材である砂や砂利をくっつけるのりのような役割を果たします。
ちなみに、約5000年前のエジプトのピラミッドでも、セメントが石と石をくっつけるのりとして使われたそうです。


イメージ:骨材(こつざい)
骨材(こつざい)

粗骨材(そこつざい)(砂利)と細骨材(さいこつざい)(砂)に分けられます。コンクリートの約70%を占めるため、その品質に大きな影響(えいきょう)をおよぼします。


イメージ:混和剤(こんわざい)
混和剤(こんわざい)

少量加えることで、コンクリートの品質を高めたり、とくしゅな性能をもたせたりできます。



つぎは、「あっちこっちで生コンの大活躍」だよ!