こどもが生コンクリートと社会のかかわりをまなぶウェブサイト『ナマコンパーク』

生コン車館(ミキサー車について)

生コン車のひみつを大公開 !
  • 荷台の太鼓たいこの中に生コンを積んでいるわけね

  • 太鼓じゃなくてドラムだって。
    でも、あの中はどんなしくみになっているのかな?

  • いいところに気が付いたリン!では説明せつめいするリン

荷台部分のドラムについて

生コンは、主にセメントと骨材こつざいすな砂利じゃりのこと)、水からできています。
これらの材料は、比重ひじゅうちがうので、工場で練り上げた生コンを何もせずに運ぶと、車の振動しんどうで砂利など比重の重いものは下へしずみ、水のように比重の軽いものは上にき上がって分離ぶんりしてしまいます。せっかく練り合わせた生コンも、これでは台無だいなしです。
そのため、生コン専用せんよう運搬車うんぱんしゃである生コン車では、ドラムを回転させつつ、内部にらせん状に取り付けたブレードとばれるはねで生コンをつねにかきぜています。これにより生コンが分離することをふせいでいるのです。

ドラムの内部(イメージ)
ドラムの内部(イメージ)
生コン車のドラム
生コン車のドラム

生コン車の各名称

生コン車の各名称
生コン車による作業風景
生コン車による作業風景(さぎょうふうけい)

現場げんば活躍かつやくするもう一つの車、ポンプ車

ポンプ車による作業風景
ポンプ車による作業風景

生コン車により工事現場に運ばれた生コンは、コンクリート専用せにょうのポンプを積んだポンプ車で受け取ります。
そして、ポンプの圧力あつりょくによりくだを通して打ち込み箇所かしょまで送られます。
ビル建設などの場合には、生コンを下から上へ送らなければなりません。
では、このコンクリート専用のポンプは、どのくらいの高さまで生コンを運ぶことができるのでしょう。
開発されたばかりのころは、30mが限度げんどでした。
しかし、その後の技術ぎじゅつ開発により、ポンプの性能せいのう飛躍的ひやくてき向上こうじょう
横浜よこはまランドマークタワーや大阪のあべのハルカスの工事では、なんと300mの高さまで生コンを送ったのです。