こどもが生コンクリートと社会のかかわりをまなぶウェブサイト『ナマコンパーク』

生コン車館(ミキサー車について)

生コン車のひみつを大公開 !
  • ところで、生コン車って昔からあるのかな?

  • 教えて、なまリンちゃん!

  • 今のようなドラムをせた生コン車は、
    日本ではその原型げんけいが1952年(昭和27年)に誕生たんじょうしたんだリン!

生コン車の歴史

日本最初の生コンは、1949年(昭和24年)に出荷されました。
その当時、生コンの輸送用ゆそうようにはいまのような太鼓型ではなく半円型はんえんけいの生コン運搬車うんぱんしゃが使われていました。
1951年(昭和26年)の地下鉄丸ノ内線の工事でもこのタイプのものが主力しゅりょく運搬車として活躍かつやくしたそうです。
現在げんざいのような太鼓型タイプのドラムをせた生コン車は、磐城いわきコンクリート工業と犬塚製作所いぬづかせいさくじょとの共同研究きょうどうけんきゅうにより、その原型ともよべる国産第1号の試作機しさくきが1952年(昭和27年)に誕生たんじょうしています。

昔のタイプの生コン車
昔のタイプの生コン車

生コン車の積載量せきさいりょうはいろいろ

生コン車はドラムの大きさがちがうものがあります。大きなドラムをもったものや、ちいさなドラムをもったもの、ドラムの大きさによって、それぞれ生コンを積み込める量が違いますが、一番大きいもので約5m3立方りっぽうメートル)積めます。工事現場こうじげんばまでの道のりや、必要な生コンの量によって使い分けられています。

生コン車の中でも大きい5m3車
生コン車の中でも大きい5m3

生コン車は災害時さいがいじにも活躍かつやく ! 生コン110番 !

2016年(平成28年)12月に新潟県糸魚川市にいがたけんいといがわしで起きた大火災だいかさいの時に、不足した消火用水しょうかようすいを生コン車で運び、消火活動に協力きょうりょくしました。これがもととなり、生コンの組合くみあいと県や市などの自治体じちたい消防本部しょうぼうほんぶ協定きょうていむすび、大火災の時の消火用水や災害で断水だんすいになった時などに、飲み水以外の水の輸送ゆそう協力きょうりょくすることが増えています。

災害訓練時の様子
災害訓練時の様子