こどもが生コンクリートと社会のかかわりをまなぶウェブサイト『ナマコンパーク』

生コン工場館

生コンをつくる工場はどうなってる ? 工場で見てみよう !
  • 日本全国でどのくらいの数の生コン工場があるんだろう?

  • う〜ん、100ぐらいじゃない

  • 残念ざんねん、はずれ! 3000以上いじょうの工場があるんだリン!

  • びっくり!

日本では3000以上の生コン工場が稼動かどう

現在、日本全国に2,963社の生コン製造会社せいぞうがいしゃがあり、工場数は3,266にのぼっています。(令和2年3月末現在)
令和元年の生コン出荷量は8,200万m3。これは東京ドーム約70個分の容積ようせきです。

生コン出荷量 東京ドーム約70個分
生コン工場数3000以上

品質ひんしつのよい生コンを使いましょう

みなさんが大人になって、新しいマイホームを建てようと思ったときには、やはりいいコンクリートで、頑丈がんじょうで長持ちする家を建てたいですよね。
いいコンクリートはいい工場で製造せいぞうされます。
その目安になるものに、○適まるてきマークがあります。
このマークを持っている工場で製造されるコンクリートは安心です。この○適マークは、「全国生コンクリート品質管理監査会議ひんしつかんりかんさかいぎ」にて、生コン工場に対してきびしい監査を行い、合格ごうかくした工場にしか使えないものです。それだけに、このマークを使っている工場で製造したコンクリートは安心して使うことができます。

○適マーク(原寸大)
○適マーク
品質管理監査会議

生コンのやわらかさは「スランプ」で計るんだリン

スランプとは、生コンのやわらかさをしめあたいのことです。この値は、スランプ実験じっけんという方法ほうほうめることができます。
高さ30cmの円錐形えんすいけい容器ようきに生コンをめ、コーンを上にくと、生コンのやわらかさにおうじて頂点ちょうてん部分が下がります。この下がった長さがスランプ値で、10cm下がればスランプ10cmの生コンというわけです。
スランプ値が大きい生コンほど、やわらかい生コンと言えます。ダムや道路などのように単純たんじゅん構造こうぞうのものには、できるだけかた目の生コンが最適さいてきです。一方、ビルなどのように鉄筋てっきんの量が多く、複雑ふくざつな構造のものには、建物のすみずみまで生コンが行き渡るように、やわらかめの生コンが使われます。

スランプ試験の手順

スランプ試験の手順

危険きけん !! 生コン工場で遊ぶのはとってもあぶないよ !

生コン工場の砂利山にのぼったり、近くで遊ぶのはとっても危険 !

生コン工場では、屋外おくがいに原料となる砂利じゃりを山にしていてあるところがあります。
この砂利山は生コン製造のたびに、下からひんぱんに砂利を引き出しているので、ちょうどアリ地獄じごくのようにとてもくずれやすい状態じょうたいになっています。
そのため、この砂利山にのぼったり、近くで遊ぶのはとっても危険きけん!
いつくずれてくるか分かりませんので、ぜったい近づかないようにしましょう。

砂利山
砂利山