こどもが生コンクリートと社会のかかわりをまなぶウェブサイト『ナマコンパーク』

生コン車館(ミキサー車について)

生コン車のひみつを大公開 !
  • 生コン車って、太鼓たいこみたいなのんでいるアレのこと?

  • そうそう、ミキサー車ってぶ人もいるよね

  • アジテータ車と呼ぶこともあるけど、
    まずは生コン車の役目を知ってほしいリン!

コンクリートをフレッシュなままで現場げんば運搬うんぱん

工場で製造せいぞうされた生コンを工事現場へと運ぶのが、生コン車の役目です。
一般いっぱんにミキサー車とも呼ばれる、荷台にだいにグルグルまわる「ドラム」をつけて、街を走っているあの車が、生コン車です。
生コンは、輸送ゆそうによる時間の経過けいかとともに固まったり、スランプなどの性能せいのうが変化してしまったりします。
交差点こうさてんなどで車が止まっていても、ドラムがまわりつづけているのは、内部ないぶでかき混ぜることで、そうした生コンの性質せいしつの変化をできるだけ少なくしながら、現場まで運搬うんぱんするためです。同じ理由で、工場で練りぜを開始してから、90分以内に荷卸におろしができるようにしないといけません。
生コンの運搬は、まさに時間との勝負しょうぶなのです。

生コン車

なるほど、
それでまわりつづけて
いるのか!!