ホーム > 生コンクリートのご紹介 > 生コンクリートの品質

生コンクリートの品質

強度

生コンで強度といえば、圧縮強度を指すといってもよい。コンクリートの強度にはそのほか、引張り強度、曲げ強度、せん断強度、疲労強度そして鉄筋との付着強度などがある。
コンクリートがこれだけ多く使用される理由に、この圧縮強度が大きいことが挙げられる。したがって、生コンの取り引きは、この圧縮強度を基準として行うことになる(舗装コンクリートでは曲げ強度が基準)。生コンのJISでは、指定のない場合は28日材齢の強度を基本としており(指定のある場合は購入者の指定した日数)、荷卸し地点で採取した試験体を20±2℃の水中で養生したものとなっている。この水中で養生するということがコンクリートにとって非常に大切なことで、コンクリートが硬化して十分な強度を発現するためにはセメントと水が十分に接触できる状態が必要である。

スランプ

コンクリートの軟らかさや流動性を測定する方法はいろいろあるが、その中で最も簡便で一般的な方法がスランプ試験であり、JISではスランプで表すことになっている。
スランプ値は軟らかさの程度をよく示すが、作業の難易の程度や材料分離に抵抗する程度を示すワーカビリティーも、スランプ試験後のコンクリ一トの状態を観察すれば大体判断することができる。生コンJISでは、購入者がスランプ値を指定することになっているが、荷卸し地点におけるスランプ値については許容差が規定されており、測定された結果がその範囲にあれば合格ということになる。

空気量

AE剤、AE減水剤によって、コンクリートの中に多くの独立した微細な空気泡を連行すると、連行空気泡はコンクリートの中であたかもボールベアリングのような作用をするので、コンクリートのワーカビリティーが改善され、所要のコンシステンシーを得るための単位水量を減少させることができる。
また、連行空気泡が適当量存在すると、自由水の凍結による大きな膨張圧を緩和する働きをするとともに、また、自由水の移動を可能にするため、凍結融解の繰り返し作用に対する抵抗性が著しく増大する。また、AE減水剤を使用すると、水密性の改善や中性化速度が小さくなるなどの効果がある。
これらのことから、生コンはJISでは全てAEコンクリートと定められている。
空気量は一般的に3~6%程度を標準としているが、圧縮強度はほぼ空気量に比例して低下(空気量1%の増加に対して同一水セメント比の場合、材齢28日強度は4~6%低下)するので空気量の過多には注意を要する。

コンクリートの塩化物含有量

コンクリート中にある程度以上の塩化物が含まれていると、コンクリート中の鉄筋がさびやすくなる。また、塩化物が塩化ナトリウム(NaCl)であると、アルカリ骨材反応を助長する要因ともなる。
これまでコンクリート中に含まれる塩化物含有量については、その塩化物が持ち込まれる主な原因となる海砂の中の塩分含有量についてのみ規定されていた。しかし、塩化物については、海砂以外の練り混ぜ水や混和材など他の使用材料からも導入されるため、コンクリートの耐久性向上の要求に沿って生コンの塩化物含有量はコンクリート中に含まれる塩化物総量で規定されている。
塩化物総量の限度については、原則として、0.30kg/m³を規制値とし、購入者の承認がある場合には0.60kg/m³まで許容されることとしている。この値は、細骨材以外の材料からもたらされる塩素イオン量を0.10kg/m³としたとき、従来の細骨材の塩分(NaCl)の規定0.04%と0.1%にそれぞれ対応したものである。
この塩化物総量については、生コン工場で測定したり、工事現場で施工者が測定したりする必要から、精度が確認された簡便な測定器で測定できることになっている。