ホーム > 当連合会のご案内 > 11月15日は生コン記念日です

11月15日は生コン記念日です

わが国で生コンクリート産業が産声をあげたのは、昭和24年11月15日に「東京コンクリート工業(株)業平橋工場(現在は工場があった場所は東京スカイツリーが建てられております)」から、地下鉄銀座線三越前駅補修工事へ初の生コン出荷が行われた時と言われています。以来、高度経済成長の中、その経済性と品質への信頼から急速に発展しました。

生コンクリートは半製品という特殊な商品であり、品質の安定こそ商品価値の最大のものであります。そのために、常に品質の管理に留意することが必要であり、業界組織の最大の責務も、安定した品質の製品を安定供給出来る体制を作り、維持することです。

この「品質の安定」という業界の責務を果たすためには、生コンクリート発祥の原点を振り返り、その発展の過程を見つめ、将来の方向を思うとともに、業界に対する社会の認識を思い出し、その理解を深めることが大切です。

こうしたことは、業界団体の日常活動の中で展開していくべきことですが、生コンクリート産業草創の日を記念して、生コンクリート産業のあり方を再認識することに意義があると業界全体が一致して、昭和63年に11月15日を「生コン記念日」と制定しました。